エマージェンシーファーストレスポンスコース

<基本>1日

緊急時にとっさの行動ができるようになる
このコースを習得すると緊急時に状況判断、
救急隊がかけつけるまで命をつなぐことができるようになります。
また、レスキューダイバーやダイブマスター、
インストラクターになるための条件でもあります。
ダイバーで無くても参加できるため数多くの方にこのコースをおススメしております

▷ コース説明

アクアマリン金沢のオススメポイント

  • レスキューコースとセットで受講するとお得になる
  • 講習は少人数制でゆったりマイペースにできます
  • PADIの5つ星店の中でもインストラクターコースまで開催できます

参加前資格

誰でも参加できます
(ダイバーで無くても参加できます)

受講内容

エマージェンシー・ファースト・レスポンスは、心停止など生命にかかわる緊急時のケア(一次ケア)と、即座に生命にかかわらないケガや病気のケア(二次ケア)について学ぶプログラムです。
知識やスキルを身につけるだけでなく、現実的なシナリオ練習を通して、日常での緊急時における実践的な対処法を学びます。EFRは最新の医学的基盤に基づいた信頼性の高いプログラムで、世界中のさまざまな機関から承認されています

◆「一次ケア二次ケア」コース
  • 「一次ケア」では、主にCPR(心肺蘇生法)を中心にコースが展開され、「二次ケア」で、ケガや病気の対応であるファーストエイド(応急手当)を学びます。 ※レスキューダイバーコースを受講されるダイバーは、前条件として最低でもこのコース受講が必要となります。
修了条件
    • 学科講習を行いテストに合格する ・実技を行いスキルを習得する

一次ケア

このコースは生命にかかわる緊急時のための緊急ケアをカバーするものです。
知識開発(学科講習)とスキル開発(実技講習)、現実的なシナリオ練習を通して、万が一の際に「まず何をすればよいか?」を身につけ、躊躇することなく手がさしのべられるように学習します。

参加者が学ぶ主なスキルは

現場の評価、バリアの使用、一次評価 CPR(心肺蘇生法)、気道閉塞で意識がある/ない成人への対応、ひどい出血の管理、 ショックの管理、 背骨の傷害の管理、AED(自動体外式除細動器)の使用方法のオリエンテーション(オプション)、 緊急時における酸素の使用方法のオリエンテーション(オプション)

二次ケア

このコースは、即座に生命にかかわらないケガや病気、 あるいは地元の救急隊(EMS)が到着するのに時間がかかるか、利用できない場合を扱うものです。知識開発(学科講習)とスキル開発(実技講習)、現実的なシナリオ練習を通して、 二次ケアと適切なファーストエイド(応急手当)に焦点を当てて学習します。

参加者が学ぶ主なスキルは

ケガの評価、 病気の評価、 一次評価、 包帯の使用方法、 骨折や脱臼のときのための副木の使用方法

ステップアップコース

  1. アドベンチャーダイバーコース

    オープンウォーターの次はこのコース ディープを選ぶことで最大水深3…

  2. アドバンスドオープンウォーターダイバーコース

    このコースを習得するとより安全なダイビングが行えるようになります …

  3. レスキューダイバーコース

    このコースを習得すると事前にトラブルを回避する能力が高まります 例…

  4. エマージェンシーファーストレスポンスコース

    緊急時にとっさの行動ができるようになる このコースを習得すると緊急…